人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

※本ブログにはライブのセットリストやネタバレを含みますので御注意ください!

早見沙織さんの2ndライブツアー”JUNCTION”に行ってきました!
きっかけは、ナナラボでの奈々さんとのコラボを聴いて。
あれ1曲だけは本当にモッタイナイおばけがでそうでした。

ただ、早見さんのライブがあるのを知ったのは、4日前。
ツアータイトルのアルバム『JUCTION』を多少予習してきた程度だったので
ちょっと心配しながら当日を迎えました。

ひとまずアニメイトへ。
f0370494_07290604.jpg
f0370494_07290664.jpg
早見さんの展示がされてました。
ライブ写真展示というのはこのことかな?

物販開始1.5時間前くらいに会場に到着。
すでに100人弱くらいの物販列がありました。
最終的には200人オーバーくらい?

物販開始。
f0370494_07341725.jpg
f0370494_07341765.jpg
f0370494_07341723.jpg
f0370494_07343833.jpg
物販はipadで会計、クレカも対応していました。
私はオフィシャルブック、ポーチ、限定キーホルダーを購入。
f0370494_07370877.jpg
ポーチの中身はこんな感じ。
左右でマチの違うポケット、ファスナー付きのポケットも。
f0370494_07383628.jpg
限定キーホルダー。
アクリル素材とカラフルなデザインでキレイです。
ポーチ、ステンレスボトル、限定キーホルダーの売り切れは早かったと思います。
f0370494_07414409.jpg
CD物販は3000円ごとにA4クリアファイル1枚プレゼント。
プラス直筆入りサイン色紙が当たる抽選券ももらえます。
広島では、1会計ごととか云々関係なく、3000円ごとでした。
例:アルバム3枚で12000円ならクリアファイルと抽選券は4枚ずつ。
なお、抽選券は事前物販のみ配布だったので、注意が必要です(他会場は不明)

f0370494_07414569.jpg
フラスタ。早見さんのイラスト入りがありました。

Let me hearのMVのイラストですね。

あと、事前物販開始当初は無かったのですが、
f0370494_07414446.jpg
ご両親からのフラスタもありました!
東京公演ならまだしも、地方公演でのフラスタとは!
一瞬、ご出身が広島なのかな?と思ったけどそうでもないようですし。。。
(この時に早見さんがジャズに精通していることを知りました。)

当初のファン層のイメージは坂本真綾さんみたいに女性が多いのかな?
と思っていましたが、圧倒的に男性が多かったです。
(分かる人にしか分からないでしょうけど)水樹奈々グッズ装備の
方々がチラホラ・・・ナナラボ効果なのか。。。


~~~~~以降は、セットリストや、ライブ本編のネタバレを含みます!~~~~~
f0370494_22460472.jpg
開演前はステージ前の緞帳があって、ステージ構成が見えず。
所謂、プロジェクター映す用の緞帳だったので、最初の演出は予想できました。

会場は2Fの後方が空いている感じ。
広島は本当に客が集まり難いんですかね。
色々と話は聴きますが・・・

開演
会場の反応が凄い静かでビックリした。ただ、即スタンディング。
各バンドメンバーが個別で演奏。演奏者の箇所だけライトが当たり、
緞帳から透けて見える演出。音が広がるイメージなのか、
丸い光が演者から広がっていくイメージ。

ステージは後方にバンドメンバーが階段3段分くらいの高さの高座に。
下手側から
ベース(エレキウッドベースみたいなのも)
ドラム
キーボード
ギター
の順。

1.Let me hear
2.Secret
3.夢の果てまで
4.やさしい希望

フィッシュテールスカートなドレス。
肩出し、黒(ラメ)のヒール?
他の衣装もそうでしたが、くるっと周ると
衣装がフワリと広がるのが綺麗でした。

あるのに凄いビックリ。
ペンライトは無しでクラップがベースでした。

てっきり、しっとり歌うライブと思っていたので。
ファンもすぐに反応していたし。いきなり早見さん&ファンに
良い意味で裏切られた感じでした。

個人的に2ndアルバムのJUCNTIONの曲が好みな曲で、
いきなり聴けて嬉しかった!
4曲連続で盛り上がる曲で一気に会場を暖めたのも良かったですね!

MC
ツアーやるの久しぶり。


6.SUNNY SIDE TERRACE
7.メトロナイト
8.白い部屋
Jewelryが聴けたのが嬉しかった!
ずっと聴きたかったけど中々機会が無かったので。

この辺りでKORGのキーボードが早見さんの手許にあったけど、
トラブルで弾けなかったように見えた。
(途中でスタッフがキーボード触りにきたし、弾かないまま撤去されたし)

9.祝福
10.星になって
11.琥珀色

この付近はグランドピアノでの弾き語りだったはず。
衣装もチェンジ。白のシースルードレス(表現合ってる?)
脱いだら次の衣装になるんだろうなーみたいな。

併せて、プロジェクター投射用の緞帳が降りて来て、
降りた状態で数曲演奏。イメージ映像が映されて
早見さんは見えるんだけど、映像がメインみたいな感じ。
本人が緞帳の前なら分かるけど、緞帳の後ろというのは
斬新というか初めてみた演出。

『星になって』は、CDになってないみたい。
(この日記書いていて、CDに入ってないなーと思って、MC思い出しました)
初見であんなに沁みたんだから本当に良い曲なんだなって。

この辺りは、参加前に想像していた早見沙織さんのライブってイメージ。


12.未発表曲
鳥肌が立った。それだけは覚えている。
まだ歌詞が無くて、LaLaLa...みたいな感じでした。
このツアー中に歌詞が出来たら良いかなーって。
大分自分でハードル上げてしまったのか、
『やばいなー』みたいなこと言ってましたw
これまた新しいですよね。作詞・作曲やっているからこそ出来る芸当とはいえ、
月末には千秋楽。大変だw

13.ESCORT
14.little forest
1 Me To The Moon
この辺りジャズ?知らない早見沙織 第二弾みたいな感じですごい楽しかった!
で、Fly Me To The Moonですよ!
ファンの方からすると、演じているキャラソン?という印象なんでしょうけど、
そんなの全然知らない私からすると、本ツアーの一番のサプライズでした!
歌詞を暗記している位に知っている曲なのに生でこの曲を聴くのは初めて。
アレンジが多過ぎて、オリジナルが分からないと思っていたけど、
早見さんのアレンジも初めて聴いたアレンジw
早見さん『この衣装、いいっしょー!』と急に言い始めたw

演じている高垣楓はそういうキャラなの?w


しばらくバラードだったので、そろそろ血流します?
(座っていると、血流が滞るからと言う意味で)
みたいな流れから、
早見さん『ひろしまーっ!』みたいな感じで一気に煽る!
早見さん『恥ずかしがらないで!』
結構 早見さんって煽るの上手いと感じました。

この辺りの衣装は、シースルーのドレスを脱いで、
スパンコールっぽいトップス。
上下ともに、イエロー、ピンク、エメラルドグリーンの配色。
JUNCTIONをイメージしたみたい。
スカートはピンクというよりは赤っぽい色。
靴はビビットピンクみたいな派手な色。

16.僕らのアンサー
17.夏目と寂寥
コール楽しい!

18.Where we are
サビ手振りだったかな?
19.Bleu Noir
この曲好きなんです。
パンフにはコーラスが入っているので
千秋楽にはコーラスも参加するのかな?
より聴いてみたい。

20.温かな赦し

アンコール(拍手⇒アンコール)

白のライブTシャツ、白のスカートの上にシースルーのスカート
レモンイエロー?のハイカットスニーカー

EN1.LET'S TRY AGAIN
バンドメンバーと1対1で。
どうやら各会場限定曲の模様。
広島公演は角脇真さん。
この企画どっかで・・・w
※大阪はベース&ドラムだった?
残るはギターのみ。残り2公演。
・・・ん?東京くる?

EN2.新しい朝
EN3.Bye Bye
最後はByeByeということでサビは手振り。


・ステージ上の楽器からの音楽だけ。
それ以外の音は入れていないみたい。
パーカッションの音(ウィンドチャイムとか)は
聴こえたんだけど、ドラムで見えなかったのかな?

・広島のファン 結構多かったみたい。
早見さんは初広島。

・早見さん『あぁ、泣かないでぇ~』
バラードで最前近くのファンが大分泣いてたみたい。
最後あたりのMCでは泣いても良い。みたいなことも言ってました。

・Black Corner
キーボード:角脇真
ドラム:かどしゅんたろう
ベース:黒須克彦
ギター:黒田晃年
※ツアーオフィシャルブックより。
黒黒!角角!(一人は漢字表記が分からなかったけどw)
ということでBlack Cornerになったみたいw

・JUNCTIONツアーについて
早見さん『今日が過ぎればみんな日常に戻っていって違う場所に。。。
あ、明日大阪の人もいるのか(笑)』
私にとって、本当に奇跡的に巡り合えて幸せでした。


唐突な参加になりましたが、本当に行って良かった!
悩んでいるそこのあなた!東京公演のチケットはまだありますよ!
(行くことにしましたw)

f0370494_22463950.jpg


by rinyuGX77 | 2019-04-10 00:34 | 早見沙織 | Trackback | Comments(0)
河口湖ステラホールで開催された、
坂本真綾さんのFC15周年記念イベント"The End Of The Winter"に
行ってきました!

ステラホールは夏には2度程行ったことがあったのですが、
冬に行くのは初めて。どれほど寒いのか兎に角フル装備で向かいました。
f0370494_19380740.jpg
当日の午前中に河口湖に到着(写真は3/31の早朝です)。
普通の観光客は駅の北側の河口湖に向かうのですが、
f0370494_19412216.jpg
ステラホールは真逆に南に向かって歩いていきます。
(写真は3/31です)
なので観光客が少ない。いても真綾ファンぽい方ばかりでしたw
歩くこと30分ほど。
f0370494_19382174.jpg
途中には会場への案内看板も。(大分直近にありました)
f0370494_19382004.jpg
f0370494_19382016.jpg
f0370494_19382089.jpg
ステラホールに到着です。
先ほどから3/31の写真と言ってましたが、
f0370494_19385338.jpg
左:3/30、右:3/31 大分天候が違いますw
(撮影したカメラも違うから余計ですが)
3/30は雨も降るような天候、3/31は日差しが暑いくらいでした(昼はw)
f0370494_19542931.jpg
物販は事前通販で買えていたので、会場限定狙いで並びました。
3/30は列形成がされたのもかなり遅く、近くでみんなのんびりしていました。
なんて平和w
特に問題もなく、無事にTシャツ(Deep Red)とネックウォーマーを購入。
ただ、3/31の物販は在庫管理がアレだったのか、相当早い段階で売り切れが
出ていました。
f0370494_19555633.jpg
これが、
f0370494_19555934.jpg
3/30 ライブ終演直後
f0370494_19560007.jpg
3/31 ライブ開場少し前
開場限定モノやコットンバッグは早く売り切れていたと思います。
個人的に、
f0370494_19581396.jpg
f0370494_19581383.jpg
ネックウォーマーはライブ中、役立ちました(防寒で)
ブランケットと同じような材質で暖かかったです。

写真撮り忘れましたが、会場には
やきそば・吉田うどん・から揚げ串とシャカシャカポテトなどの
露店がありました。コレしかなかったとも言えますw

何だかんだで開場時間。今回は15:00開場/16:00開演なので
通常のライブよりも大分早いですね。

入場と同時に色々なモノが配られます。
f0370494_20052046.jpg
まずは敷物。ステラシアターはコンクリート打ちっ放しの席なので
スタンディングならまだしも基本座るライブ、しかも冬は大分厳しい。
これのお陰で、特にお尻が冷たい!なんてことはありませんでした。
f0370494_20052013.jpg
f0370494_20052075.jpg
f0370494_20052059.jpg
続いてブランケットです。
ライブタイトルが付けられた袋の中に(さらにビニル袋の中に)入ってます。
これが想像以上に優秀で、
結構大きい、分厚い(暖かい)、腰に巻ける様にボタン?が付いてます。
肩からかけても、腰に巻いても固定が楽です。
プラス貼るカイロと貼らないカイロも入ってました。
チケット代6000-ブランケット3500=大丈夫?利益出てる?

f0370494_20051965.jpg
f0370494_20051954.jpg
さらにA4サイズのクリアファイルと冊子も入っています。
これ、ポスターか何かにして売れば良かったのにねw
f0370494_20181155.jpg
何件かフラスタも出ていました。

以降はライブ本編について。
f0370494_20193052.jpg
今回は3/30と3/31を纏めて。

今回の席は、
3/30:アリーナ端の最前
3/31:2F
と極端w

ステージには大きなキャンドルが多数。
火の揺らぎからして本物っぽい。
2日目はあまりの寒さに真綾さんがキャンドルで暖をとろうとするも
真綾『あんまり暖かくない』

下手から
キーボード
グランドピアノ
ギター
コーラス
パーカッション+ドラム
ベース(ウッドベースも)

真綾さんの足元には絨毯がしかれていました。
進行表?と思われるシートは開演直前までふせられてました。
流石に何書かれていたかまでは分からず。

今回は歌への感想が少な目。
アレンジの方が印象に残ってるみたいです(特にパーカッション)。
何でだろう?とずっと思いながら書いていたのですが、
今回の楽曲は私がライブに行くようになる前の頃の曲が多く(特に冬シリーズ)
原曲を聴いていた当時を思い出すような
感激よりも懐かしい?自然にスッと入ってくると感じたのかなと思いました。


石成さんのギターソロからスタート。
途中から他の楽器も入ってきます。
福長さんの鳥の鳴き声?を表現したような笛の音色が印象的。

1.Driving in the silence
2.Sayonara Santa
エメラルドグリーン?のコートの真綾さんが登場。
足元は(表現絶対違うけど)シークレットシューズの様な
すっごい高い靴(ヒールではない)光沢がある白地。
ソールは黒。
左手薬指にはマリッジリングが光っております。

初日の最初の数曲は、高音出すのがしんどそう?に感じました。

3rdコンセプトアルバム Driving in the silenceから。

FCイベントとして誕生日にイベントするのは初めて
真綾『(誕生日を)祝え』
  『ここまで来るのは私の事を相当好きなんだろうな』

3/31版
真綾『坂本真綾39歳です。やっときます?』
高速Happy Birthday 笑
はい。お勤め終了(ホントに以降特になしw)
真綾『恥ずかしいんだよね。自分で誕生会開く人いるじゃない?・・・なんかあんな感じ?』


冬から春にかけてのテーマで。

3.冬ですか
冬の曲と反してメロディーは明るく。
パーカッションが入ったから余計にそう感じたのかな?
頭だしのドラム入れる直前、口にドラムスティックを加えて
コンガ?→ドラムに素早く切り替わるのは流石!

4.Rule~色褪せない日々(3/30)
 木登りと赤いスカート(3/31)
ここだけセトリ変更。
2日目、真綾さんのMCで『昨日何歌ったかは聴きたくないでしょ?』
Lucyが大好きなので、2曲聴けて嬉しいような
曲が変わってモッタイナイようなw

5.真昼が雪
福永さんのウドゥドラム?と鈴が、曲にバッチリ合っていて
楽しく聴けました。


久しぶりに『みずうみ』を歌います。
ある特定の湖を意識したわけではない心の中にある湖をイメージしたみたい。

6.みずうみ
7.孤独
8.03
間奏のギターのサウンドが印象に残ってます。
あぁ、ここギターで表現するんだ!みたいに感じた。

9.カザミドリ
この辺りで春の訪れを感じる曲に。

3/30はここで真綾さんがコートを脱いで
黄色とピンクの花柄のワンピース(長袖)に。
真綾『あースッキリした!』
黄色い歓声(悲鳴と言うよりは)に対して、
真綾『そんなでも無いでしょ(笑』

※脱ぐタイミングが予定より1括り早かったようで
誕生日絡みの曲、元気な曲を匂わすような曲振りで、
↓が流れましたw

10.紅茶
3/30 みんなキョトン。真綾さん何か笑ってる(紅茶~レコード辺りだったと思います)
初日は何で笑っているんだろう?と思ってました。
立て!と絶対煽ったMCだったはずなのに、紅茶?と思ったのを覚えてます。
結局、私の見える範囲ではオールシッティングw
CD音源よりも声色が可愛らしいな と感じたのは
気持ち的には『なりたい』を歌う気だったからなのかな?w

正直、好きな曲なので、まぁいいか。位の気持ちで楽しく聴いてましたw

11.レコード
サビの石成さんのギターが好き。

12.a happy ending
真綾さんの可愛らしい曲、良いですね。
どうしても1番の印象が強いので老夫婦を思い描きながらと
言われて、一瞬ピンとこなかった。新婚の歌かと思ってたw

真綾『この曲好きだけど、中々歌わない。』
  『何でだろうね?』 ←知らないですよw

3/31は、ここで真綾さんからのMCでスタンディング。
真綾さんもコートを脱ぎました!って、衣装3/30と違う!
スマホのFCサイトで写真が上がるのが楽しみ!

13.なりたい
14.ボクらの歴史
15.CLEAR
特に3/31はスタンディングになったのもあって、より盛り上がりました!
真綾『CLEARは聞き飽きた?。新生活を送ろうとしている人に聴いて欲しい』

16.誓い
17.シンガーソングライター
最近はポケ空からこの曲に締めが変わりつつありますね。
みんなで歌えるし、良い曲ですよね。大好きです。
特に今回は福長さんのパーカッションで聴けるというのも嬉しかったです。
3/31は二人で顔合わせて笑ってたしw
Cメロの真綾さんの力んだ歌声が印象的でした。
3/31は特に観客も頭出しから歌っていたと思います。

最後の挨拶で、
3/30の最後の挨拶でENAさんが真綾さんの隣を遠慮して、
真綾さんが良いじゃん!みたいな感じを出したら、
ハルナさんが逆側にスッと行ってENA-真綾-ハルナになったのが良かった!

3/31のみ、シンガーソングライターの途中からステージ後方と
天井が開放されました。
そして、曲が終わった後には冬の花火が!
スマホのFCサイトには写真が上がってますね。
連発が終わり大喝采で終了・・・と思いきやまだ続くw
真綾『まだ続きます。さっきのサビです』
  『(2回目の)サビサビ!』
  『見えない人ごめんね!』
結局、3番サビ位までありましたw

真綾さんはスタッフが持ってきてくれた、ブランケットを
肩にかけて絨毯に座って花火を眺めていました。

両日ともにアンコールはなく終了しました。
(公演終了のアナウンスがあったから、大丈夫だよね?
今回はバスの時間もあったし)

その他、気になったこと。
今回、多めです(タイミングを覚えてないので)

・光の演出
最初は青色が強め、緑などを経て途中からピンク(桜をイメージでしょうか?)
○型のライトが真綾さんのコートに当たって水玉柄のように見えたことも。
真綾さんのいる辺り上方の屋根に花柄?をイメージしたようなピンクの照明。
(03よりは前だったと思う)
03のイントロで火がボッと。冬から春への移り変わりをイメージでしょうか。
上から輝度高めの白いスポットライトが床の一部を照らす演出などなど。。
ステージサイドのLEDが結構輝度が高くて、場所によっては眩しかったです。

歌が始まる前、MCが終わりそうなタイミングで照明が制御されて
クイッと動くのが面白かった。さぁ、歌が始まるぞ!って感じ。

・"ジ" エンド オブ "ザ" ウインター
真綾『THEが「ジ」と読むのか「ザ」と読むのか分からなくなった。』

・真綾さんの歌唱時の動きなど
スカートの縁を持ちながら歌ったり、
ギターを弾くマネをしながら(すごく楽しそう!)。
3/30最前の時は下手側だったので、真綾さんの髪が長い方側。
表情が見えないことが多かったんですが、シャウトする時は
口元だけが見えて、迫力があってカッコ良かった。

後半(曲調が春になってから)はステージ端にも着てくれて
何度か目が合って嬉しかったです。
アリーナは少し低いので目線合い難かったのかも。

3/30 曲途中で上手側で手を振ったファンに手振りを返していたのが
何か珍しく感じました。曲中に手を振るファンが少ないからだけかもですが。

ステージと客席の間に階段があったから、コッチに来てくれたりするのかな!?
・・・とちょっと期待してましたw(来ませんでしたw)

・真綾『ポケットに手を入れているのは態度が悪い訳では無いんですよ。』
カイロが入っているようです。

・ココ(ステラホール)開いてたよ!とスタッフ大喜び、真綾『3月の河口湖なめるな!』
で、ブランケットの流れになったようです。

・コートを脱ぐタイミング
本文中のように3/30は早く脱ぎましたが、3/31は思いのほか寒くて、
脱ぐのを大分ためらっていましたw

・ブランケットについて
2日来ている人はブランケットが2つで布団みたいに。
真綾『(ブランケット)嵩張ると思うけど、心配なのよ。お母さん。』
  『いつもはちょっとしたお土産なのよ。こんな豪華なの今回だけよ』
出来る限り、大きく、厚くした。防災グッズに入れといて。とのこと。

・真綾『いつまでも演ると思うなよっ!』
次があることが当たり前と思ってはいけませんね。
何かあるのかと思うと怖い気もしますが。。

・河口湖(お仕事編)
DIVE、Lucy、プラチナ、しっぽのうたは山中湖のVictorスタジオで収録した。
虫がすごい多くて、プラチナの収録中にカマドウマがスタジオに。。。
『見つけたいな~♪』でカマドウマ見つけて・・・みたいなエピソード
(虫が苦手な人は検索かけるの注意です)

・河口湖など富士五湖周辺(プライベート編)
毎年と言って良いほど来ている。吉田うどんの食べ比べをするのが好き。
ファンの方も露店の吉田うどんを食べている人が沢山いましたね。
私は『はちまん うどん』というお店でいただきました。
美味しかった!山椒入りの辛味噌?があるのも良かったです。

・30枚目のシングルが・・・出そう。準備してますから!

・メンバー紹介
有賀啓雄(ベース):みずうみ の収録で一緒に。

福長雅夫(パーカッション)
ドラムスティックのジャグリングで歓声が上がってました。
・3/30:初めてなので特にエピソード無い でズッコケてましたw
・3/31:石成さんが全員に手袋をプレゼントエピソードにて
    (演奏的に着けられない福長さんを見て)真綾『仲悪い?』
    福長さん大きなリアクションで否定w

石成正人(ギター)バンマス 今回は草間さんとペアでエピソード紹介が多かったですね。

草間信一(キーボード):
3/30 石成さんのけん玉の師匠w
3/31 温泉でお店の人に英語で話しかけられる
オフマイクなのに2Fまで聞こえる位、石成さん爆笑(多分、思い出し笑い)

ハルナ(コーラス):真綾『髪伸びた!?』でハルナがばさっと髪を靡かせてましたw
ENA(コーラス)



今回は、最初に書いたとおり、ライブに行くようになる前に
ずっと聴いていた曲が多かった印象なので、
感動もモチロンありましたが、自然に馴染んでいくようなライブでした。
思い返すと、すっげー!とか思うんですけどね。
何か不思議な感じです。

冬~春にかけてのテーマに対しての楽曲が素晴らしかったので
(気温的にも)今度はThe End Of Springくらいでお願いしたいなw

f0370494_20193087.jpg
3/31ライブ後の河口湖。キレイに富士山が見えてました。
皆さん、帰りのバスがあるので大忙しだったと思いますが笑
私も何とか東京のホテルまで戻れました。



by rinyuGX77 | 2019-04-02 00:32 | 坂本真綾 | Trackback | Comments(0)

主に声優ライブ・イベントに参戦した際の日記を過去・現在織り交ぜて。水樹奈々/坂本真綾/LiSAなどなど幅広く更新予定です。


by リニュエール